伝統ある京都の街で暮らしていくための知恵

豊富なサービス

広い道路になる

京都と言えば歴史も古く、その土地に根付いている特産物もたくさんあります。
その中でも漬物は有名です。
京都での漬物の歴史はかなり古く一説によれば弥生時代までさかのぼると言われています。
歴史的な資料としては奈良時代の木簡に書かれていた野菜を塩漬けにしたものという記述が最初のようです。
漬物以外の特産物はお菓子です。
お菓子と言っても和菓子で、芸術的な色彩や形をしたものが多く、熟練の腕前を持つお菓子職人が作っていることから国内の観光客のみならず外国からの観光客にも人気の高いお土産の一つになっています。
それ以外にも織物、扇子、焼き物などが特産物として挙げられます。
どれも歴史とともに発展してきた価値のあるものです。

京都は今からさかのぼること1000年前からすでに都があったので、歴史的にもかなり古く、それにまつわる建物や説話などが存在します。
久しく京都は日本の都として中心的な場所でした。
ところが明治時代になると首都を別に移すことで、それ以降は京都は首都的な役割を終えました。
昭和になると戦争がはじまりますが、様々な理由から幸運にも京都は戦災がなく、歴史的な資料や建物が残ったままでした。
戦後は、新幹線の開通に伴い観光地として全国から観光客がより訪れるようになりました。
また、外国からの観光客も多く、日本の観光と言えば必ず訪れる人が多いと言います。
平成に入り駅ビルが改築され、国際化を意識した豪華な建築物になっています。